業務スーパーの肉はまずい・美味しくないって本当?肉団子は大丈夫?

業務スーパー・肉だんご・まずい・お肉・大丈夫 食べ物・飲み物
スポンサーリンク

 

さまざまな食品や飲料が、リーズナブルな価格で手に入る業務スーパー。

安さと量のコスパが高く、主夫・主婦の心強い味方です。

そんな中で、業務スーパーの肉がまずい…と、噂になっているのをご存じでしょうか。

人により様々ですが、業務スーパーの肉は美味しくないと感じる方もいるようです。

安心や安全性を気にされている方も…。

その一方で、業務スーパーも企業努力を行っています。

業務スーパーの肉は本当にまずいのか、そして食べても大丈夫な品質なのかを紹介していきます。

 

業務スーパーの肉だんごはまずい?

業務スーパーの冷凍肉団子は、500gで160円という高いコスパを誇ります。

 

特徴としては、安心できる国産の鶏肉が35%以上配合されていて、その他、玉ねぎ、つなぎ(パン粉など)を原材料としています。

手軽で便利だし、原材料も悪くないのですが、どう調理しても、冷凍肉団子は味がまずいと感じている人も多いようです。

 

 

 

業務スーパーの肉は危険?安全?

業務スーパーのお肉は、通常のスーパーより、確かに安いですが、産地・原材料をよく見ると、国産の中に、中国産などの外国産もまぎれているようです。

業務スーパーはもともと、日本人向けの食材を個人向けへと少量ずつ梱包して販売し、そのほとんどが、外国から安く輸入して、その安さを価格に反映して成功した企業だと言われています。

業務スーパーの安さは、外国から安く輸入していることが関係しているので、もし国産が安全であるなら、業務スーパーの肉は少し心配になりますね。

 

業務スーパーどんなお肉が売ってる?

 

現在、業務スーパーでは大きく分けて「冷蔵(チルド)肉」と「冷凍肉」が販売されています。

「冷蔵(チルド)肉」の商品として、

・吉備高原どりささみ
・吉備高原どり手羽さき
・吉備高原どり手羽もと
・吉備高原どりむね肉
・吉備高原どりもも肉
・上州高原どりきも
・上州高原どりささみ
・上州高原どり手羽さき
・上州高原どり手羽もと
・上州高原どりむね肉
・上州高原どりもも肉

 

「冷凍肉」の商品として、

・吉備高原どり鶏ももブツ切りIQF
・吉備高原どり 若鶏肝IQF
・吉備高原どり 若鶏首皮
・吉備高原どり 若どりささみIQF
・吉備高原どり 若どり手羽さきIQF
・吉備高原どり 若どり手羽もとIQF
・牛赤身スジ肉
・ジャンボ鶏皮串(加熱済み・タレ無)
・上州高原どりもも肉 2kg
・上州高原どり若どり首皮
・上州高原どり若鶏手羽さきIQF
・鶏もも唐揚げ(ブラジル産)
・豚タンルートスライス
・豚焼肉たれ漬け
・ブラジル産鶏もも正肉
・プルコギ
・ぼんじり焼き鳥串

があります。

 

思ったより、国産の肉も売られていることがわかります。

ちなみに冷凍肉に記載されているIQFとは、ブロック状ではなくバラバラで冷凍する方法のこと。バラバラに冷凍することで、解凍しなくても細かく取り出して調理ができます。

 

業務スーパーの肉は大丈夫?

業務スーパーでは、商品開発事前チェック・現地工場チェック・品質安全検査・商品検証の4つに重点的に取り組み、徹底した品質管理システムのもと、すべての安全基準をクリアしたものだけを販売している、と公式のホームページで宣言しています。

 

難しい表現ですが、商品の品質を守るため徹底して対策しており、消費者であるお客様のことを第一に考えている、ということですね。

消費者である私も、安心しながら業務スーパーを利用していきたいです。

 

業務スーパーの肉まずい?まとめ

 

業務スーパーの肉は本当にまずいのか、そして食べても大丈夫な品質なのかを紹介しました。

冷凍肉団子がまずかったり、冷凍焼き鳥が中国産だったということも含めて、商品によっては当たりはずれがあると思います。

ただ、業務スーパーは安く仕入れて安く提供するとともに、お客様に安心して購入してもらえるように、品質管理を徹底する企業努力をしています。

業務スーパーで、おいしく安全性の高い肉を購入したい方は、国産の肉から選んで購入してみてはいかかでしょうか。

業務スーパーのお肉だけでなくオートミールがまずい?と気になっている人はこちらもぜひ参考にしてみてください。

 

 

食べ物・飲み物
美容情報・口コミ