エトヴォスアルティモイスト違いや比較!モイスチャーラインとどっちがいい?

エトヴォス・アルティモイスト・違い・比較・モイスチャーライン・どっち 化粧水・乳液・クリーム

 

「エトヴォスのスキンケア商品が気になる。だけど、アルティモイストとかモイスチャーラインとか、色々あるけど、違いは何?比較するとどっちがいいの?」

肌の状態に合わせて使える、エトヴォスのスキンケア商品。

色々な肌の性質に合わせたラインがありますが、中でも、アルティモイストラインと、モイスチャーラインの2つが注目されています。

でも、それぞれにどんな違いがあるのでしょうか?

「成分や値段はどう違うの?」

「どっちを使えばいいの?」

そんな声にお応えして、アルティモイストラインとモイスチャーライン、2つの違いをまとめ、どっちがいいか比較してみました。

 

エトヴォスアルティモイストとモイスチャーライン違いは?

エトヴォスアルティモイストとモイスチャーライン違いは?

アルティモイストラインとモイスチャーラインにはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、コンセプトの違いです。

 

アルティモイストラインはプレエイジングケア

年齢とともに乱れがちになる角層の乱れに着目し、自らの生命力でうるおう肌本来の力をサポートしてくれます。

 

モイスチャーラインは保湿力重視

こだわりの高保湿成分を集結させ、うるおいにみちた肌にしてくれます。

 

どちらも魅力的なコンセプトですね。

両方とも保湿力を重視されていますが、使用する年齢が異なるのも、大きな違いのようです。

それでは、値段や成分などもう少し細かく違いを見ていきましょう。

 

エトヴォスアルティモイストとモイスチャーライン値段の比較

 

アルティモイストラインとモイスチャーラインでお値段はどのように違うのでしょうか?

 

アルティモイストライン

  • アルティモイストローション 4,180円(税込)
  • アルティモイストセラム 5,280円(税込)

の2点です。

 

モイスチャーライン

  • モイスチャライジングローションs(75ml) 2,090円(税込)
  • モイスチャライジングローション(150ml) 3,520円(税込)
  • モイスチャライジングセラムs(30ml) 3,080円(税込)
  • モイスチャライジングセラム(50ml) 4,400円(税込)
  • モイスチャライジングクリーム 4,180円(税込)

の5点です。

 

なお、以下の商品は定期便にすることで、10%OFFとなるので値段は、

  • アルティモイストローション 4,180円(税込)→3,762円(税込)
  • アルティモイストセラム 5,280円(税込)→4,752円(税込)
  • モイスチャライジングローション(150ml) 3,520円(税込)→3,168円(税込)
  • モイスチャライジングセラム(50ml) 4,400円(税込)→3,960円(税込)
  • モイスチャライジングクリーム 4,180円(税込)→3,762円(税込)

となります。

 

モイスチャーラインの方が少しお安いです。

ただ、どちらも定期便にするとお得に買えます

 

\14日間トライアルセット/

送料無料|公式サイトはこちら

▲▲お一人様1セット限定▲▲

 

エトヴォスアルティモイストとモイスチャーラインの成分や効果の比較

 

アルティモイストラインとモイスチャーライン、

それぞれに使われている注目成分の違いについて見ていきましょう。

 

公式サイトによると、

アルティモイストローションは、

  • セラミディアル®︎コンプレックス※1
  • 加水分解ヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na
  • ナス果実エキス
  • POs-Ca※2
  • リピジュア※3

 

アルティモイストセラムは、

  • セラミディアル®︎コンプレックス※1
  • ナツメ果実エキス
  • 5種の花エキスと3種の植物オイル

 

 

※1 保湿成分:ヒト型セラミド(セラミドEOP、NG、NP、AG、AP)、ナイアシンアミド(エトヴォスの登録商標です)

※2 保湿成分:ホスホリルオリゴ糖Ca(「POs-Ca」は江崎グリコ株式会社の登録商標です)

※3 保湿成分:ポリクオタニウム-51(「リピジュア」は日油株式会社の登録商標です)

 

となっています。

 

一方で、モイスチャライジングローションは、

  • グルコシルセラミド
  • POs-Ca※2
  • ヒアルロン酸
  • リピジュア※3

 

モイスチャライジングセラムは、

  • 5種類のヒト型セラミドヒアルロン酸
  • 6種類の花のエキス
  • スクワラン、ホホバオイル、シアバター

 

モイスチャライジングクリームは、

  • ヒト型セラミド
  • 植物オイル
  • 4種のビタミンと植物エキス

となっています。

 

モイスチャーラインに比べて、アルティモイストラインの方が保湿成分がかなり多く使われているようですね。

このような成分の違いがあるので、お値段が違うのも納得です。

 

エトヴォスアルティモイストとモイスチャーライン対象年齢は何歳くらい?

 

アルティモイストラインとモイスチャーライン、それぞれ何歳くらいの人が使えばいいのでしょうか?

 

公式サイトによると、20歳代後半なら、モイスチャーライン

 

ただし、敏感肌・乾燥肌なら、アルティモイストセラムをプラスすると肌の角層の乱れやキメがより整うそうです。

 

30歳代後半なら、アルティモイストライン。そこにアルガンオイルをプラスするとさらに潤いが保たれるそうです。

 

ライン使いもいいですが、乾燥の度合いや肌質によってアルティモイストシリーズのアイテムをプラスして使うと、効果的に使えるようですね。

 

\14日間トライアルセット/

送料無料|公式サイトはこちら

▲▲お一人様1セット限定▲▲

 

エトヴォスアルティモイストとモイスチャーラインそれぞれおすすめな人

エトヴォスアルティモイストとモイスチャーラインそれぞれおすすめな人

ここまでで、アルティモイストラインとモイスチャーラインの違いについて分かりました。

 

では、それぞれがおすすめなのはどんな人でしょうか?

 

公式サイトによると、アルティモイストライン

  • 日頃の保湿ケアで物足りなさを感じる方
  • 日々の忙しさやライフスタイルの変化などで肌がくすんで疲れているように見える方(乾燥によるくすみ)
  • キメの乱れが気になる方
  • 敏感肌だけでなく、乾燥が気になるさまざまな肌質の方
  • シンプルステップでスキンケアを完結させたい方

となっていました。

 

また、モイスチャーラインは、

  • 乾燥肌、インナードライ肌、敏感肌の方
  • 肌の水分量が足りない方
  • 肌のキメをふっくら整えたい方

となっていました。

 

成分の違いなどから、

  • 年齢の肌のゆらぎやトラブルがある
  • とにかくしっかり保湿したい

という人はアルティモイストラインを使うのが良さそうです。

 

  • 年齢による肌トラブルは今の所感じない
  • さっぱりと保湿したい

という人はモイスチャーラインが合うのではないでしょうか。

 

\14日間トライアルセット/

送料無料|公式サイトはこちら

▲▲お一人様1セット限定▲▲

 

エトヴォスアルティモイスト違いや比較!モイスチャーラインとどっちがいい?まとめ

 

エトヴォスアルティモイスト違いや比較!モイスチャーラインとどっちがいい?について紹介しました。

 

しっかりとした保湿でうるおいにみちたお肌にしてくれるエトヴォスのスキンケア商品。

どちらがいいか悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。

 

\14日間トライアルセット/

送料無料|公式サイトはこちら

▲▲お一人様1セット限定▲▲

 

 

化粧水・乳液・クリーム
美容情報・口コミ