まつ毛パーマは痛む?ビューラーとどっちが傷むの?

まつ毛パーマ・ビューラー・痛む・どっち コスメ
スポンサーリンク

 

まつ毛パーマをかけると毎日のメイク時間が短縮できて楽ですよね。

また、目元をぱっちりと仕上げてくれるので目元のおしゃれとして今も人気を集めています。

ただ、まつ毛も髪の毛と一緒で伸びたり、抜けたりするのでパーマをかけた状態がずっと保たれるわけではありません。

パーマをかけることでまつ毛が痛み、抜け毛や切れ毛の原因にも。

一方でまつ毛のメイクに欠かせないビューラーもまつ毛が痛みます。

マスク生活の現在、目元のおしゃれは大切ですが、まつ毛パーマとビューラーはどちらがダメージを軽減できるのでしょうか。

今回はまつ毛パーマとビューラーはどっちが痛むのか紹介します。

 

まつ毛パーマとビューラーどっちが痛むの?

まつ毛パーマもビューラーもどちらも頻繁に行うとまつ毛に負担がかかり、抜け毛や切れ毛の原因になります。

 

まつ毛パーマはかける間隔をあけて、お休みをするのもまつ毛の負担が軽くなります。

パーマのお休み期間は、ビューラーを使用しないことや、まつ毛を強くこすらないこと、まつ毛美容液をつける等行うと、まつ毛パーマの痛みも軽減され、抜け毛や切れ毛を抑えることが出来ます。

 

ビューラーもまつ毛が痛むの?

一方でビューラーはまつ毛を挟みカールを作るため、まつ毛への負担になります。

まつ毛にとって致命傷なのは、ビューラーのゴム部分で、ゴム部分が凹んで溝があると、まつ毛に変な角度がつき、まつ毛が痛みます。

どちらも痛みますが、ビューラーで何度もまつ毛を挟むことでダメージが大きいため、間隔をあけてカールをするまつ毛パーマがダメージが少ないと言えます。

 

まつ毛パーマの頻度はどのくらい?

まつげパーマはヘアパーマと同じく永久に続くものではない為、定期的なメンテナンスが必要になります。

まつげパーマの頻度は、一般的に1~2か月が適切と言われています。

 

個人差はありますが、パーマの持ちが1か月~1か月半程度の為、常に綺麗なカールを維持したいのであれば、1か月~2か月程度でメンテナンスを行いましょう。

また、頻度を気にしていない場合もカールが8割程落ちてきたと感じたらかけ直すのがおすすめです。

 

まつ毛パーマのメリット

メリットとして、毎日のメイク時間が短縮できます。

 

ビューラーを使う必要がないので、まつ毛を引っ張ることがなく、ダメージが軽減されます。

また、まぶたが持ち上がる為、一重まぶたが二重になることや、たるんだ印象だった瞼が持ち上がって明るい印象になったという人もいます。

 

まつ毛パーマはクレンジング方法に制限がないので、今まで使っていたクレンジングを使用でき、まつ毛エクステより費用がかからないのもメリットの一つです。

 

まつ毛パーマのデメリット

まつ毛パーマをかける際、パーマ液やグルーなどによるかぶれや薬剤による目への刺激などある場合があります。

また、頻繁にやると抜け毛や切れ毛などの原因にもなり、まつ毛への負担がかかります。

 

まつ毛パーマはヘアパーマ同様で、永久的ではない為、何度か施術する必要があり、施術費用がかかるといったデメリットがあげられます。

 

まつ毛パーマは痛むの?ビューラーとどっちが痛む?まとめ

 

まつ毛パーマは毎日行っていたビューラーをする必要がなくなるので、ビューラーよりまつ毛を痛めにくいですが、パーマをかける時のパーマ液で受けるダメージもあります。

まつ毛パーマを長持ちさせて、かける間隔を少しでも伸ばすことがまつ毛への負担を軽減させます。

そのためには、まつ毛を労わることが大切。

パーマをかけた際も、パーマをお休みしている際も、まつ毛美容液を使用し、保湿をすることが重要です。

まつ毛を健康に育てて、まつ毛パーマを楽しみましょう。