マカロニえんぴつダサい・嫌いや良さがわからない?気持ち悪いやひどいの声も

マカロニえんぴつ・気持ち悪い・嫌い・良さがわからない・人気の理由・魅力 ユーチューバー・有名人
スポンサーリンク

 

映画「クレヨンしんちゃん謎メキ!花の天カス学園」の主題歌「はしりがき」で今やちびっ子達にも認知されているバンド、「マカロニえんぴつ」。

耳に心地よい魅力的なメロディーと心の動きがそのまま伝わる歌詞が共感を呼んでいます。

2021年12月には日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、ますます波に乗っていますね。

しかし一方では、気持ち悪い・嫌い・良さがわからないという意見もあります。

これからマカロニえんぴつのことが、気持ち悪い・嫌い・良さがわからないという意見と同時に、人気の理由・魅力について紹介していきます。

 

マカロニえんぴつの魅力

マカロニえんぴつの魅力はまず、楽曲の良さです。

メンバー全員が洗足学園音楽大学の出身です。

 

楽曲のほとんどの作詞・作曲をはっとりさんが行っていますが、メンバーの好みの音楽もそれぞれ違うのでそれだけ音楽の幅が広がっています。

また、音大出身なので楽器の演奏スキルもかなり高いと思います。

キャッチ―なメロディーも印象的で素敵です。

歌詞も心の動きが分かりやすく、どの世代にも共感できます。

自分の心を代弁してくれているように思えて、また頑張ろうと思わせてくれます。

はっとりさんの優しい歌声も心地よいですね。

 

マカロニえんぴつ気持ち悪い良さがわからない人も

 

マカロニえんぴつが気持ち悪いという声もあります。

・はっとりさんの服のセンスが悪い。
・センター分けの髪型が嫌だ。
・気取っているように見える。
・マカロニえんぴつというバンド名がダサい。
・歌詞が嫌い。

というような声がありました。

 

しかしながら、好みはそれぞれ違うので好き嫌いは分かれますよね。

ネット上には賛否両論、いろいろな声がありました。

それだけ世間から注目されているとも言えます。

マカロニえんぴつのはっとりさんの詳しいプロフィールが気になる人はこちらもチェックしてみてくださいね。

 

マカロニえんぴつ歌詞がひどい・嫌いな人もいる?

 

歌詞の好みも分かれますよね。

完成された、メロディーなしで読んでも流れるように心地よい歌詞ではないです。

どちらかというと心の中のつぶやきを書いてあるように感じます。

だから、ただの走り書きのように感じたり、突然つながりのないことが出てきたりします。

しかし、逆にそれが心に浮かんだリアルな気持ちだと感じられます。

それを共感できる人とできない人に別れるのだろうなと思います。

 

マカロニえんぴつ人気の理由とファン層

 

やはり、楽曲のよさが挙げられます。

メンバーが全員、洗足学園音楽大学の出身なので音楽の基礎の部分がしっかりとしています。

そしてメロディーがスッと耳に馴染むように入って来ます。

曲も同じような感じばかりではなく、幅が広いですね。

やはり音楽を専門に学んできたのだなと実感します。

 

あとは、心に浮かんだことをそのまま書き留めたような歌詞ですね。

とりとめのない感じではありますが、それがまた実直な感じで良いです。

ファン層はTwitterで調べてみると、年齢層は若いと思われます。

ハッシュタグをつけている人は10代~20代の女性が多かったように感じました。

そのままの気持ちを歌った歌詞と耳に馴染むメロディーに共感できるのでしょう。

 

マカロニえんぴつダサい・嫌いや良さがわからない?気持ち悪いやひどいの声もまとめ

 

マカロニえんぴつダサい・嫌いや良さがわからない?気持ち悪いやひどいの声もについて紹介しました。

2021年12月30日には日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞したマカロニえんぴつ。

マカロニえんぴつが嫌い・好きではないという声は確かにありました。

走り書きのような歌詞やビジュアルが好みではないと言われています。

思ったままをそのまま歌詞にしてしまったという感じが好まれない理由です。

ここは人それぞれ好みが分かれるところですよね。

しかし、その真っすぐさや耳に馴染むメロディーが好きだという人もたくさんいます。

そして高い演奏技術と音楽の幅の広さには、感心させられます。

ビジュアルが好きではないという意見ですが、これはどうしようもないですね。

いろいろ言われるということは注目度の高さを表しています。

これでまた知名度が一気に上がりました。

今後の活動にも注目していきたいです!

ユーチューバー・有名人
美容情報・口コミ