KOIVE化粧水の使い方や順番!白樺花粉アレルギーでも使える?

KOIVE化粧水・使い方・使用量 化粧水・乳液・クリーム
スポンサーリンク

 

KOIVE(コイヴ)化粧水は、希少な天然白樺樹液をベースに使用したエイジングケア化粧水です。

美肌に欠かせないビタミンやアミノ酸・ミネラルを豊富に含む白樺樹液のチカラで、肌本来の美しさを導き出します。

インスタグラムや雑誌でも紹介されているので、気になっている人も多いのではないでしょうか?

どのような化粧水でも、しっかり実力を発揮するためには正しい使い方が重要です。

今回はKOIVE化粧水(モイスチャライジングトナー)の使い方や使う順番をご紹介します。

また、白樺花粉アレルギーの人でも使うことができるのかも調べたので参考にしてください。

 

 

KOIVE化粧水の使い方や使用量

KOIVE化粧水
画像出典 白樺樹液化粧品-KOIVE-

 

 

KOIVE化粧水の使い方は、適量を手のひらに出して洗顔後の清潔な肌に馴染ませるだけです。

プッシュ式なので、出すときに容器を降って化粧水が飛び散る心配がないところが便利ですよね。

初めて使う時はプッシュ部分にロックがかかっています。

ポンプの頭部を反時計回りに回して、ロックを解除してから使用してください。

 

KOIVE化粧水スキンケアの順番

 

 

KOIVE化粧水を使う順番は下記の通りです。

①洗顔で肌の汚れをまっさらに落としてください。
 ※化粧水をしっかり肌の角質層まで浸透させるための大事なステップです。
②KOIVE化粧水を適量手にとり、肌に塗り広げなじませてください。
③美容液を顔全体になじませます。
 ※KOIVE美容液をポンプ1〜2押し分使うのがおすすめです。
④化粧水と美容液を肌にしっかり馴染ませたあとは、保湿力の高いクリームなどを塗って仕上げましょう。

 

使い方も使う順番もとてもシンプルなので、気を使わずに手軽にスキンケアできそうですね!

乾燥が気になる時や特にケアしたい時には、KOIVE化粧水の前にもKOIVE美容液をプラスしてつけることで肌を柔らかくして、保湿・保水効果をより高める使い方もできます。

また、KOIVEは洗顔と保湿クリームも展開しているので、効率良く使えるライン使いもおすすめです。

 

\定期縛りなし/


初回68%オフ|白樺樹液化粧品-KOIVE-

▲▲送料無料▲▲

 

KOIVE化粧水は白樺花粉アレルギーでも使える?

KOIVE化粧水
画像出典 白樺樹液化粧品-KOIVE-

 

 

KOIVE化粧水は、水の代わりに白樺樹液を多く使っています。

白樺の花粉はアレルギーでも、樹液は大丈夫という人もいるようです。

ですが、アレルギーの反応するものや反応する度合いは1人1人違います。

体調や環境によっても変わってくるので、心配な場合はかかりつけの医師に相談してから使うようにしましょう。

自身が白樺花粉アレルギーなのかわからない人は、二の腕の内側でパッチテストをして以上がないか確認してからの使用をおすすめします。

 

\定期縛りなし/


初回68%オフ|白樺樹液化粧品-KOIVE-

▲▲送料無料▲▲

 

KOIVE化粧水使い方の注意点

KOIVE化粧水
画像出典 白樺樹液化粧品-KOIVE-

 

 

どのようなスキンケア用品でも正しい使い方と継続が早く効果を実感しやすくするポイントであり、KOIVE化粧水も同様です。

KOIVE化粧水の白樺樹液パワーを十分に発揮するためには、先ほど説明した使い方をしっかり守って毎日継続して使うようにしましょう。

また、KOIVE化粧水の消費期限は開封前のものならば2年を目安にしてください。

開封後は空気に触れると劣化の恐れがあります。

 

なるべく早く使い切るためにも、毎日欠かさず継続することが大事ですね。

KOIVE化粧水の詳しい口コミや効果についてはこちらで紹介しています。

 

KOIVE化粧水使い方や順番!白樺花粉アレルギーでも使える?まとめ

 

KOIVE化粧水の正しい使い方や順番、白樺アレルギーでも使うことはできるのかについて調べました。

KOIVE化粧水の使い方は、洗顔後の清潔な肌に適量を馴染ませるだけと、とてもシンプルです。

白樺花粉アレルギーの人も樹液は大丈夫な場合もあります。

かかりつけの医師に相談した後、自身でパッチテストをしてからの使用がおすすめです。

KOIVE化粧水を毎日正しく使って、希少な天然白樺樹液のチカラを体験してみてください。

 

\定期縛りなし/


初回68%オフ|白樺樹液化粧品-KOIVE-

▲▲送料無料▲▲

 

化粧水・乳液・クリーム
美容情報・口コミ