ダイソー電動フェイスブラシ(洗顔ブラシ)口コミと使い方!100均

ダイソー・電動フェイスブラシ・使い方・お手入れ方法 100均美容グッズ
スポンサーリンク

 

みなさんは洗顔をする時に、洗顔ブラシを使っていますか?

手で洗うよりも洗顔ブラシを使った方が効果的であることはわかっていても、どんなものを使えば良いのか迷ったりブラシのお手入れが面倒くさそうだったりして、使用していない人もいると思います。

そんな人に試してもらいたいのが、ダイソーの電動フェイスブラシです。

300円商品ですが、良い口コミもあり、シリコン部分が取り外せてお手入れも簡単!

だけど使い方は?

今回は、ダイソー電動フェイスブラシ(洗顔ブラシ)の使い方やお手入れ方法などについて紹介します。

 

ダイソー電動フェイスブラシ(洗顔ブラシ)100均

 

 

ダイソー電動フェイスブラシは300円商品で、単三電池を2本使用します。

電池は別売りなので、使用前に用意するようにしてください。

シリコンのブラシが手洗いでは落としきれない汚れをかき出してくれるので、毛穴の詰まりや角質ケアに最適の商品です。

速度は、低速・高速の2段階に調節ができます。

普段の洗顔を電動フェイスブラシでの洗顔に変えるだけで、お肌がツルツルになりますよ。

 

ダイソー電動フェイスブラシの使い方

 

 

 

 

メイクをしている場合は、クレンジングを使ってメイクをきれいに落とします。

 

その後、よく泡立てた洗顔料を顔にのせていきます。

泡が少ないと肌への摩擦が強くなってしまうので、普段よりもたっぷりの泡を使ってください。

電動フェイスブラシを滑らせるようにして泡を顔全体に広げていきます。

ブラシの毛が顔表面と垂直になるようにして、ブラシの先が顔にあたるか当たらないかくらいの位置で使ってください。

ブラシで擦るというよりは泡で洗うというイメージで洗顔すると良いでしょう。

泡をしっかり洗い流したら終了です。

ブラシを押し付けすぎたり長時間使用したりすると肌への負担が大きくなってしまうので、注意してください。

防水タイプではないので、浴室では使用しない方が良いと思います。

 

ダイソー電動フェイスブラシはシリコン!お手入れ方法

 

ダイソーの電動フェイスブラシはお手入れも簡単!

シリコンブラシ部分が本体から外れるので、汚れが付きやすいブラシ部分は取り外して丸洗いできます。

防水ではないので、本体部分が汚れた時には濡らさずに汚れを拭き取ってください。

本体部分が汚れることはあまりないようです。

 

ダイソー電動フェイスブラシのメリット

 

300円という低価格で電動フェイスブラシが購入できるという点が一番のメリットではないでしょうか。

また、速度が2段階から選べること、使用後にはしっかりと効果が得られることもメリットですね。

お手入れが簡単で衛生的に保てることも嬉しいポイントですよね。

 

ダイソー電動フェイスブラシのデメリット

 

デメリットは、防水タイプではないことです。

感電や故障の危険があるので、入浴中やシャワー中の使用はできません。

ブラシ部分を水洗いする時は必ず本体から取り外し、本体部分は濡らさないように十分注意が必要です。

安全面に配慮して、浴室ではなく洗面所で使用するのが良いと思います。

 

ダイソー電動フェイスブラシ(洗顔ブラシ)口コミと使い方まとめ

 

ダイソーの電動フェイスブラシの使い方や口コミ・お手入れ方法などについて紹介しました。
いかがでしたか?

使い方やお手入れが簡単で、しかも300円で手に入るのであれば使ってみたいと思った人もいるのではないでしょうか。

毎日の洗顔を週に一度でも電動フェイスブラシに変えてみると、簡単に毛穴・角質ケアができてツルスベ肌が手に入ります。

ダイソーの電動フェイスブラシ、ぜひチェックしてみてください。

ダイソーの電動フェイスブラシの他に洗顔グッズについて気になる人はこちらに10種類以上まとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

100均美容グッズ
美容情報・口コミ