お客様に知ってもらう!自宅ネイルサロン7つの集客方法を説明

集客
スポンサーリンク

 

自宅ネイルサロンをはじめると自分で集客しなくてはいけません。

集客の方法は様々あります。ここでは自宅ネイルサロンの集客方法について書いていきます。

 

スポンサーリンク

集客方法

 

今はネットなどで集客しているサロンがほとんどですがビラ配りなど行っている方やネットを使わず集客する方法もありますよね。

集客方法を細かく説明していきます。

 

ホームページ

 

ホームページは無料で作れるものもあればドメインを取得したり、有料で作成する方法もあります。

お金はかかりますが得意ではない場合プロに任せることも可能です。

ホームページにはお店の名前やお問い合わせ・予約のしかた、メニューなどをのせて集客できます。

SNSなどにホームページのURLを貼り誘導することも可能です。

私自身は集客する中心の部分がホームページでした。

ホームページを通してご予約を頂いていたのには理由があります。

 

わかりやすい配置

ホームページは自由にできるため、わかりやすい配置にすることが可能です。

1ページ目で予約フォームやお店の名前、場所や予約時間を把握できるようにしておくことで見に来た人が迷子になることはありません

メニューも見やすいところに置くようにし予約可能日のページも見やすくしていました。

 

予約するときにホームページへ必ず通すことによって質問のお問い合わせを減らすこともできますので、中心ホームページをおくとお客様の時間も自分の時間も無駄にせず済みます。

 

ブログ

 

ブログはアメブロを使用していました。サロン系ではアメブロが一般的ですよね。

私の知っているサロンの方もほとんどの人がアメブロを利用しています。

 

私も5年間アメブロやってたよ

アメブロの場合は最初から他のブログに比べるとアクセスが多いと感じています。

私はライブドアブログとアメブロ、このワードプレスしか利用したことはありませんがアメブロが一番簡単に使えました

検索すれば必要なCSSも簡単に見つかるため使いやすいブログだと思います。

最初からアクセス数が増えやすいのはランキングへの参加やタグ付けなどがあげられます。

 

ブログをやることによってお客様も見やすく、例えばネイルの紹介などをするとそれを見て次のデザインを考えてくれるお客様もいると思いますのでブログがあっても損はありません。

ブログだけで集客している人もたくさんいます。

 

インスタグラムなどSNS

 

ネイルはツイッターよりインスタとの相性のほうがいいように感じます。

インスタグラムは写真がメインですので美容関係だとそっちのほうがフォロワーがつきやすいと思います。

実際同じように自宅ネイルサロンをやっている方はインスタ率が高めです。

 

タグ付けで地域名やネイルサロン等色々いれることによってそこからの集客も見込めます。

ブログを見てる人よりSNSを見ている時間が長い人のほうが圧倒的に多いです。

SNSにホームページやブログをリンクしておけば集客しやすくなります。

 

ビラ配り

 

ビラ配りは私はやっていませんでしたがやっている方も結構多いようです。

ビラは自分で作成することもできますし、時間があるときにポストに入れてくるという話を聞きました。

近くだから行きたいと思う人は意外と多いと思います。

 

ビラにサイトや営業時間、お店の名前や簡単に料金などのせておけば興味がある人からはお問い合わせがくるかもしれません。

 

紹介

 

紹介のお客様は大切です。

きている人が紹介してもいいと思うサロンだったということですからある意味緊張をしますが、紹介できてくれるわけですから紹介したお客様のネイルを可愛いと思ってくれたということだと思います

 

お話も聞いていると思うので最初から警戒心も少なく普通の新規様よりも安心して来ていただけます。

私は紹介して頂いた方に○○サービスや紹介できて頂いた方にストーンサービスなども行っていました。

紹介できてくれる人は長く通ってくれることが普通の新規様より高いです。

 

地域新聞やホットペッパーなどにのせる

 

地域だけの新聞などにビラを挟んでもらう、一部分にのせてもらうことも可能です。

ホットペッパーにのせる場合はお金がかかるためよく考えてからのほうがいいのかなと思いますがこれは地域にもよることだと思います。

 

私のところの地域新聞では一部分にのせてクーポンも一緒にのせているサロンもありますね。

 

リピーター

 

集客の一番大事な部分はリピーター様です。

通ってくれる人が増え続ければそれほど集客に力を入れる必要がなくなります。

実際私も紹介制にしたり途中からしましたので、集客というものがなくなると心が結構軽くなりますね。

いつもきてくれるお客様は好みのものがつけられると思ってくれているわけですし、会うだけで不快な相手のところへ通いはしないのでどこか良いと思ってくれているのだと思います。

 

リピーター様を増やすことが何より大切なことだと思います。

一人でやっているのにいつまでも集客に力を入れ続けなければいけないのであれば、常連様が増えていない証拠なのではないかと思います。

 

リピーターを増やす方法

 

私の場合は結果として来てくれる人が増えただけなのですが、増えたのはなぜか?について書いていこうと思います。

 

接客が大事

 

サロン勤務の時はあまり会話はせずにもくもくとネイルを付ける感じだったので、ネイルをちゃんとつければよくそれほど接客というものをした感じはありませんでした。

実際自宅ネイルサロンをはじめて気づいたのはネイルの技術があるのは前提で、接客を重視しているということです。

接客と聞くとちゃんと案内する、挨拶をする、会計をする、ネイルのことを話すなど色々想像できるのですがそういうものではありません。

話しやすいか、落ち着くか、緊張感はないか、変な人じゃないかなど色々最初不安に思いきて頂きますので、思ってたより楽しかったなど感情的な部分で2回目きて頂くこともあるのだと思います。つまり人柄や空間です。

 

ネイルの技術どうこうだけじゃなく、話しやすいか楽しいかという部分もとっても大事だと思うんだよね。

 

自分のことを覚えてくれているか

 

小さなサロンであればきて頂いたお客様を覚えていることのほうが多いと思いますが、例えば前回話した内容であったり一部でも覚えていると特別感を感じてもらえるものだと思います。

私は1番最初に来たときにカルテにきて頂いた方と話した内容を記入しておりましたが、それを話すだけで覚えていたことに喜んでもらえたことが多かったです。

何度かお会いしているうちにメモをとらなくても会話の内容は覚えるようになっているものですので最初が肝心なのかなと思います。

もちろんそれでも来なくなる人もいますが、それはこのサロンが合わなかったというだけのことだと思いますのであまり気にしなくていいと思います。

 

感謝の気持ちを言葉にする

 

感謝の気持ちを言葉にするといえば当たり前と思われそうですが、できない人も意外といるのです。

「ありがとうございました」は普通に言う人が多いと思いますが「嬉しいです」「楽しかったです」まで言葉にする人は少ないと思います。

ネイリストとお客さんとの関係ではなく人と人との関係に変えられればお客様は応援してくれますし、私自身お客様が調子悪いと聞けば心配になったりしました。

 

人と人との関係になれるかどうかが大切だと感じています。

 

まとめ

集客の方法について1つ1つ説明していきました。

お客様にとっては知らない家に行きはじめて会う人と2人きりになる状態ですので、あまり緊張させないように配慮する必要があります。

人によってはお互い無言の時間に耐えられない人もいます。

 

集客をずっとやり続けるのではなく、通ってくれる人を増やす努力も大事です。