【ネイル】爪が大きい人は小さい人に憧れ、小さい人は大きい人に憧れる?

ネイル
スポンサーリンク

 

爪が大きいのがコンプレックスな人

小さいのがコンプレックスの人

 

爪は人によって違うのでコンプレックスを抱えている理由は様々。

でもどちらにもメリットがあるんです!

 

この記事を読んでほしい人✔爪が大きい人
✔爪が小さい人

 

この記事から得られる情報✔爪が大きい人、小さい人のメリット

 

 

 

スポンサーリンク

【爪の大きさがコンプレックス?】

 

お客さんの中には爪が小さいこと、大きいことにコンプレックスを抱えている方も多くいました!

どちらもないものねだりなんですが結構深刻なんですよね。

本当に気にしている人がたくさんいます。

 

デメリットに目がいきがちですが、実はメリットもたくさんあります★

 

自分の爪の大きさは長くすれば大きく見せられる、短くすれば小さく見せられるなど多少は変えられるとしても横幅などは変えることができません。

 

自分の爪を好きになれたら一番いいよね♡

 

【爪が大きい人のメリット】

 

爪が大きい人が気にしているのは男の人と同じくらい爪の大きさがある。

女性らしく小さい爪がいい。

大きいと男っぽいと感じている人が多いように感じます。

 

だけど実際爪の小さい人は「爪が大きくなりたい」と思っているんですよね。

 

デザインが大きく目立つ

 

爪が大きいとデザインが大きく目立ちます♡

爪という小さい部分にお花を1つ描くとして、爪が小さい人はあまり目立たないけれど大きい人はパッと開いたようなお花が書けるんです。

 

デザインが映えるので色々なデザインをやりやすいんですよね。

爪が大きいからこそデザインが映える。

凝ったデザインでも目がいくのは爪が大きい人のいい部分なんです★

 

アートが映える

 

爪が大きいとストーンも大きいものがバランスよくのせられてアートが映えます。

 

大きいストーンをのせたくても爪が小さい人だとバランスが悪くなりがち。

大きい爪だからこそ色々な種類のストーンをのせて素敵なネイルにすることができます。

 

大きい爪の人は色々なデザインが楽しめる爪をもった人

 

【爪が小さい人のメリット】

 

爪が小さい人はアートが映えない、デザインが小さくなる

フレンチだと目立たないからついついワンカラーにしがち

アートが楽しめないと感じている人が多いように感じます!

 

爪が小さい人のメリットを紹介します♡

 

濃いカラーのワンカラーが似合う

 

 

例えば真っ赤なワンカラーを塗ったとしても奇抜になりすぎない。

小さい爪だからこそ個性的でおしゃれに見えることもあります♡

 

濃い色でも下品にならず悪目立ちしにくい。

はっきりしたカラーをのせてみるのがおすすめ。

 

どこか小さい爪だからこそさりげなくおしゃれに感じることもあります★

 

可愛らしい印象を与えることができる

 

爪が小さいのは男性との差があるということですので、可愛い印象をもたれやすいと思います。

ピンクやベージュ等のおとなしいカラーであっても小さく可愛い印象で上品さや清潔感を出すことができます。

大きい爪の人にはない印象を与えることができるのでメリットもあります。

 

またストーンも小さいサイズで十分なため全体的に控えめな印象にできます!

 

可愛い印象になりやすい♡

 

【どっちにもメリット・デメリットがある】

 

どちらの爪にもメリット・デメリットがあります!

爪の形は親のどちらかに似ていることが多いんですよね★

 

私は大きくても小さくてもどっちにしてもつけたい色はかわらないかなと思いました♡

 

大きくても、小さくても自分の爪。

どうせなら好きな色をつけたい。

 

そう私は思います♡

 

まとめ

 

爪が大きい人は爪が小さくなりたいと思って

小さい人は爪が大きくなりたいと思う。

 

自宅サロンをやっているときによく見てきました。

だけどどちらも良い部分があるからこそ、なりたいと思うんですよね♡

 

小さい爪にはない魅力が大きい爪にはあって、大きい爪にはない魅力が小さい爪にはあります★

 

私はどちらも素敵だと思うよ♡