【ネイル オフ】除去のとき削りすぎてない?ジェルネイルの除去の注意点

ネイル
スポンサーリンク

 

つけるのは楽しいけど除去はめんどくさいと思っている人が多い作業。

だけどネイルをつけるときに除去って注意が必要ですよね。

ネイルオフを適当にやってしまうと爪がボロボロになったり、次のネイルのもちに影響も!

ネイルオフについて紹介します♡

 

この記事を読んでほしい人✔自分でネイルオフしたい人
✔ネイルオフの注意点が知りたい人

 

この記事から得られる情報✔ネイルオフについて
✔ネイルオフの注意点について

 

 

 

スポンサーリンク

【ネイルオフの注意点】

 

ジェルネイルの除去はつける作業より大事な作業だと思っています。

サロンに行く場合でもそうですが、ネイリストに削られすぎた経験はありませんか?

 

「削られすぎて触るだけで痛い」

「薄くなってネイルのもちが悪い」

 

と感じたことがある人もいると思います!

 

ネイルオフは削りすぎに注意

 

サロン勤務した際に一番しつこく言われたのが「削りすぎないこと」

例えばセルフでネイルをしていて除去をする場合に「まだ取れてないかも?」と削りすぎて自分の爪まで削ってしまうと次のもちも悪くなります!

 

削る

アセトンをつけた小さいコットンを爪の上にのせる

カットしたアルミホイルをまく

時間をおいてからファイルで落とす

 

私が働いたサロンがこの方法でしたのでそのまま私もこの方法でやっていました。

削りすぎると危険な理由をあげます。

 

削りすぎると爪が痛くなる

 

削りすぎると触るだけで、押すだけで痛くなることも。

手は日常生活の中でよく使う場所

爪が痛いだけで日常生活にも支障が出てしまいます。

 

爪が痛いのは嫌だよね…

 

ネイルサロンなどでは爪が薄くならないようにオフしています★

でもネイルサロンのネイリストでも薄くしてしまいがちな人も実際にいます。

 

自分でオフする場合も削りすぎないように注意してください♡

爪が薄くなるともちが悪くなる

 

爪が薄くなるともちが悪くなります。

ジェルネイルと爪の間に隙間がでてきてしまってそこからういてしまうことも!

 

削りすぎて薄くなってしまうとその後のネイルにも支障が。

 

薄くなってもちが悪くなる⇒はがれる⇒また薄くなる⇒つける⇒はがれる

と繰り返してしまうこともあるのでとにかく薄くならないように注意!

 

【ネイルオフ アセトンの注意点】

 

アセトンとは削った後爪の上に小さなコットンをのせるときにコットンに含ませる液です。

除去するために使用します★

 

アセトンはジェルを除去する際やスカルプを除去するときに使用します。

私自身、例えばケースに書いていたペンで書いた文字を消すために使用したことがあるのですがプラスチックが真っ白に曇るほどの強い液です。

 

ジェルやスカルプを溶かしてしまうのですから取扱いにも注意が必要です。

 

アセトンは乾燥する

 

アセトンは揮発性のある液体です。

あのジェルネイルやスカルプを溶かしてしまうほどですのでお肌にいいわけがないんですよね。

 

アセトンを必要以上の時間爪につけてしまうと乾燥しますし白くなります。

乾燥は爪周りのトラブルの原因にも。

 

よく聞く話ですと除去がうまくいかず何度もアセトンをつけて放置する、何回も放置するという話をセルフでやっている方から聞きますがそれは爪にとってよくありません。

 

何度もつけて何十分も放置するのはダメ!

 

アセトンがなくてもネイルオフできる

 

実は面倒なので自分の爪はアセトンを使用せずに除去することがほとんどです。

マシンなどあれば簡単にジェルを削ることができますのでアセトンを使わず除去しています。

 

理由は放置する時間がもったいないというのが1番の理由です。

 

除去する場合も少し残した状態にしています★

爪を削ってしまえば薄くなりもちが悪くなるためお客様の爪でもうっすら残るくらいで付け替えていました。

 

ネイルサロンなどではアセトンを使用しないようにお願いすると使わないで除去してくれることも♡

自分で除去の時は利き手じゃないほうで削るのは大変ですが乾燥が気になる人は使わずオフすることも可能です★

 

【お客様の除去の時私が使ってたもの】

✔カットしたアルミホイル
✔カットしたコットン
✔アセトン
✔ファイル
✔マシン(初心者には使用の際注意が必要ですがあると便利)
✔ビット(削る用のビット)

 

保湿のためにオイルはご用意しておくと◎

まとめ

 

ネイルオフはすごくめんどくさい作業ですが大事な作業★

その後のネイルのもちにも影響します!

薄くならないように、削りすぎないように注意してネイルオフしてください♡

 

自分でオフするのが不安だったらネイルサロンでオフしてもらうのが安心です!

 

参考にしてみてください♪